2020/06/02 20:00

職人による手作業でつくられる、鮎を模した岐阜らしいお菓子「鮎菓子」

清流長良川のシンボルといえば、世界農業遺産にも認定された長良川の鮎。岐阜の町には、鮎を模した「鮎菓子」という和菓子があります。 ふんわり焼き上げたカステラ生地で求肥を包み、焼き印で目と口、ひれを付...

2020/06/01 20:00

優しい微笑みに癒やされる「岐阜大仏手ぬぐい」

先日、注文が殺到したアマビエ手ぬぐい(現在は売り切れ中です)を作った吉田旗店さんより、違う柄の手ぬぐいも販売を開始しました。 今回は……岐阜大仏柄です!みなさん、岐阜大仏をご存知ですか?岐阜市・正法...

2020/05/31 20:00

贈り物にも◎岐阜県産の木でつくられた、ぬくもりを感じるかわいい積み木|「まあるいつみきmini」

岐阜県の16種類の木で作られた、まあるくてかわいい積み木。積んだり、転がしたり、並べたりして遊べます。職人さんがひとつひとつ磨くため、無塗装なので、小さなお子様が口へ入れたり、舐めたりしても安心・...

2020/05/30 20:00

鮎菓子そっくり!鮎菓子ファンの希望で誕生した「鮎菓子キーケース」

熱烈な鮎菓子ファンの要望により誕生した、鮎菓子の形のキーケース。よく見るとひとつひとつ鮎の表情が少し違うんです。 ヌメ革で出来ているので、使い込むほどに、こんがり焼けた本物の鮎菓子のようになります...

2020/05/29 20:00

ひとつひとつていねいに作られた、やさしくて素材感あふれるおやつ「大地のかりんとう」

長良川デパートで定番のお菓子となっている、大地のかりんとう。お土産として購入する方も多く、大人気。大地のかりんとうは、岐阜市の140余年続く老舗油屋「山本佐太郎商店」と、和菓子職人・町野 仁英(まっち...

2020/05/28 20:00

一つひとつにアイデアと想いを詰め込んだ、やさしいお菓子「大地のおやつ」|つくるひと⑩山本佐太郎商店

「大地のおやつ」とは和菓子職人×油屋のコラボ世界にひとつのかりんとう和菓子職人「まっちん」さんと老舗油問屋「山本佐太郎商店」さんのコラボレーションにより2012年に誕生した『大地のおやつ』。"大地"を感じ...

2020/05/27 20:00

なんだか気になる!リアルな鮎が描かれた ふかふかのマスコット

長良川の麓で、鮎をモチーフにした文房具や布小物を作っている家苞舎(いえづとしゃ)さん。リアルな鮎が描かれたグッズに、最初はどきどきしましたが、見れば見るほどなんだか気になって仕方ない!こちらは、本...

2020/05/26 20:00

提灯がお手紙になる!? 温かな光と想いを灯す「レター提灯」

 あたたかな光と想いを灯す「レター提灯」 レター提灯は、その名の通りお手紙として送れる小さな提灯です。手のひらサイズのかわいい提灯なのですが、なんと岐阜提灯の職人さんがひとつひとつ、手作業...

2020/05/25 19:00

夏に向けて持ちたい!友禅染で「うかい」が描かれた、親子がま口のお財布

岐阜のちょっとしたシーンがひとつひとつ友禅染で描かれた、かわいいがま口シリーズ。ほっこり癒やされる岐阜の柄が描かれています。こちらは岐阜の伝統漁、長良川鵜飼(うかい)の様子です。岐阜市では5月から10...

2020/05/21 17:04

卓上に小さな和の夏景色。岐阜の伝統・長良川うかいがキュートな陶器文鎮に|つくるひと⑨ 大野裕之

△長良川うかいの様子をあらわした「鵜(う)の陶器製ペーパーウエイト(文鎮)」長良川のいいものを 【つくるひと】⑨陶房蟲蔵(とうぼう むしぞう)・大野裕之さん陶器でできたキュートな鵜のペーパーウエイ...

2020/05/14 20:00

ゲームで夏の伝統に触れて。 マッチ箱サイズのカードゲーム『うかい』で岐阜観光気分!

岐阜で「うかい」と言えば、長良川鵜飼。現在は新型コロナウイルスの影響により延期しておりますが普段は5月11日より始まります。1300年もの歴史があり、全国で唯一皇室御用の鵜飼です。実は、長良川デパート湊町...

2020/05/13 18:41

岐阜銘菓・鮎菓子の形をしたかわいい箸置き

まだまだあります、鮎菓子グッズ。陶房蟲蔵・大野 裕之さんがつくる、鮎菓子の形をしたかわいい箸置きです。鮎菓子ファンにはたまらん!!長良川デパートの店頭では、岐阜旅行のお土産としても大人気です。前回...

2020/05/07 19:00

使い込むほどに鮎菓子になる!?イチオシ鮎グッズをご紹介

鮎グッズの中でも、ありそうでなかった、話題のアイテム。『鮎菓子ペンケース』!そもそも鮎菓子とは、鮎のかたちをしたカステラ生地に餅粉や砂糖が原料の求肥が包みこまれている岐阜銘菓。ほどよい甘さに、もち...

2020/05/04 17:17

猪鹿庁

里山の生態系を保全し、 狩猟の技術を磨き、里山を最大限に資源化することで猟師の6次産業化を目指す。同じ想いをもち、様々な経験・特技を持ったメンバーが所属する団体。猟師として生きる若者たち、「猪鹿庁(...

2020/05/04 16:50

まめな農園 木村仁士さん

「若い頃は農業が大嫌いだった」という仁士さん。家業を継いで15年、今では「自分で作る野菜が一番美味しい!」と胸を張る農家に。化学肥料・化学農薬不使用にこだわり、安全安心で美味しい野菜を届けたいと日々...

  • Home
  • About
  • Blog